Translate »

3rdシングル「中毒」

これまで多彩なコンセプト、音楽、パフォーマンスでグローバルな人気を立証した「D-CRUNCH」が3枚目のシングルアルバム「中毒」で戻って来た。
3枚目のシングルアルバム’中毒’は耳と目で体感する新曲をコンセプトとして作成され、アルバム発売ごとにグレートアップしたパフォーマンスを見せてきたD-CRUNCHが、今回の’中毒’アルバムを通じてもさらにアップグレードした強烈なパフォーマンスを披露する予定だ。

デビュー当初からD-CRUNCHと共に呼吸して、メンバーの個性をよく知り、これを最大値に引き上げるメロディーを作り出した、実力派作曲家AVEC(MUSIC PUBLISHING GROUP)のBull$EyE(ブルズアイ)がタイトル曲を、4MENの「Baby Baby」などを作曲した有名作曲家イチウが収録曲「愛してる」を手がけ、アルバムの完成度を高めた。特に今回のアルバムにはD-CRUNCHのメンバーO.Vが直接作詞、作曲した初のソロ曲が収録され、さらに期待を高めたアルバムだ。

今回のアルバムにはアルバムと同名のタイトル曲「中毒」をはじめ、「愛してる」、「挑戦」「中毒」、「Inst.」まで計4 TRACKが収録された。

さらにアップグレードしたHYBRID EDMジャンルをD-CRUNCHのスタイルで再解釈した「中毒」から、コロナで疲れた心を癒すことを願い、90年代のアイドルを再現して808 SOUNDを組み合わせた「愛してる」、D-CRUNCHメンバーO.Vの初ソロ曲であり、808ベースを基にした韓国的なフュージョンサウンドが特徴の強烈なヒップホップ曲「挑戦」までD-CRUNCHの多彩な魅力が込められた3枚目のシングル「中毒」に込められた。

今後、多くの人々がD-CRUNCHに’中毒’されて行く!

<中毒性のあるALBUM曲紹介>

01. 中毒
今回のアルバムタイトル曲である「中毒」はハイブリッドEDMジャンルをD-CRUNCHのスタイルで再解釈した。
「中毒」は愛する人の中毒になり、とても速く強烈に近付く過程を歌詞に盛り込んだ。
イントロから耳に刺さるベースラインとラッピングが耳を虜にして没入感を増し,サビの中毒的なメロディーと鮮やかなベース·サウンドが出会い,パワフルながらも完成度の高い曲になった

02. 愛してる
変化の速い世の中で、私たちは常に重要なことをやり過ごす。
最近誰かに愛していると言ったことがあるか?
洗練されておらず、簡単な言葉だが、いざ吐き出すのは難しく、容易ではない言葉だ。
この歌を通じて、その多くの心をD-CRUNCHが慰めながら歌ってみようと思う。
愛してる!

「愛してる」は、90年代のアイドルのイメージを再現した808サウンドを組み合わせた曲だ。
心が辛い方々の慰めになることを願って作った曲だ。

03. 挑戦
「挑戦」は808ベースベースに韓国的なフュージョンサウンドが特徴の強烈なヒップホップ曲であり、D-CRUNCHメンバーO.Vの初のソロ曲。
人生は七転び八起きだ。
絶えず自分に鞭を打ち、立ち向かって引き続き挑戦するというO.Vの意志と抱負を盛り込んだ曲だ。

「多事多難な人生の中でも疑いの目よりも、自分への信頼で地道に生きていくことで、自分が望む到着地に向かって進むことができ、そこに向かって進むことだけで、自分の人生に正しい方向性となる」というO。Vの哲学が盛り込まれている。

[CREDITS]

01. 中毒
Lyrics by BULLSEYE(AVEC)、Ondine(AVEC)、Aaron.H、コ·ソンジン(Aiming)、ソヒョンジュン
Composed by BULLSEYE(AVEC)、Aaron.H、コソンジン(Aiming)、ソヒョンジュン、Ondine(AVEC)
Arranged by BULLSEYE(AVEC)、Aaron.H、コソンジン(Aiming)、ソヒョンジュン
Chorus by ユン·ヨンボク
Synth & Keyboard by ホ·ジヌ、コ·ソンジン
Bass by ホ·ジヌ、コ·ソンジン、ソ·ヒョンジュン
Drum & Programming by ホ·ジヌ、コ·ソンジン
Recorded by ジャンミンat M-Creative Sound
Vocal Edited by キム·スビン
Mixed by Team AMG at DART Studio

02. 愛してる
Lyrics by LEECHIWOO(Black Frequency) CHOISUNGGWON(Black Frequency), High Basic, GT WORK
Composed by LEECHIWOO(Black Frequency), CHOISUNGGWON(Black Frequency), High Basic, GT WORK
Arranged by LEECHIWOO(Black Frequency), CHOISUNGGWON(Black Frequency)
Chorus by D-CRUNCH
Synth & Keyboard by LEECHIWOO, CHOTSUNGWON
Bass by 、CHOISUNGWON
Drum & Programming by LEECHIWOO、CHOISUNGWON
Recorded by ジャンミン at M-Creative Sound
Vocal Edited by HYUNWOOBIN
Mixed by Team AMG at DART Studio
Mastered by クォンナムウ at 82.1 Sound Mastering

03. 挑戦
Lyrics by O.V
Composed by O.V
Arranged by BULLSEYE (AVEC)、Mind182
Chorus by O.V、ユン·ヨンボク
Synth & Keyboard by Mind182
Bass by Mind182
Drum & Programming by Mind 182
Recorded by ジャンミン at M-Creative Sound
Vocal Edited by キム·ヨンドン
Mixed by Team AMG at DART Studio

04. 中毒(inst)
Lyrics by BULLSEYE( (AVEC)、Ondine(AVEC)、Aaron.H、コ·ソンジン(Aiming)、ソ·ヒョンジュン
Composed by BULLSEYE(AVEC)、Aaron.H、コ·ソンジン(Aiming)、ソ·ヒョンジュン、Ondine(AVEC)
Arranged by BULLSEYE(AVEC)、Aaron.H、コ·ソンジン(Aiming)、ソ·ヒョンジュン
Chorus by ユン·ヨンボク
Synth & Keyboard by ホ·ジヌ、コ·ソンジン
Bass by ホ·ジヌ、コ·ソンジン、ソ·ヒョンジュン
Drum & Programming by ホ·ジヌ、コ·ソンジン
Recorded by ジャンミン at M-Creative Sound
Vocal Edited by キム·スビン
Mixed by Team AMG at DART Studio

D-CRUNCHと夢にはまる時間!‘DAYDREAM’

デビューから現在まで多彩なコンセプトと音楽で圧倒的な存在感を刻んできたグループD-CRUNCHが4枚目のミニアルバム‘DAYDREAM(デイドリーム)’で帰って来た。
‘DAYDREAM’は真昼に見る夢と真昼に出る月を表現したアルバムで、‘幻想’、‘虚像’、‘空想’、‘空想’に過ぎないが、決して覚めたくない夢を意味する。
アルバムは‘Memory’-‘Nightmare’-‘Daydream’につながる3つの夢のコンセプトで実現した。 過去の‘Memory’は、幸せだった瞬間を再び回想することで戻りたいという自分の願いを込めた夢であり、現在の‘Nightmare’は、一人残されたまま否定したい現実を、まるで悪夢のように比喩し、夢なら覚めたいが夢ではなく現実だから逃れられないことを表現した。 最後の‘Daydream’は非現実的な夢を通じてでも実現できなかった我らの未来を夢見て、目覚めたくないという切ない思いを表現した。
今回のアルバムにはタイトル曲‘My Name(マイネーム)’をはじめ、‘君に行く時間’、‘Childlike(チャイルドライク)」、‘砂の城’、‘My Name(Inst.)’まで全5トラックが収録された。
メンバーたちの強烈なエネルギーが引き立つフューチャーベースジャンルのダンス曲‘My Name’からD-CRUNCHのメンバーたちの甘い音色が魅力的なバラードトラック‘君に行く時間’と‘砂の城’、希望に満ちた雰囲気が感じられるサウンドと歌詞が印象的なミディアムポップトラック‘Childlike’までD-CRUNCHの多彩な魅力が4枚目のミニアルバム‘DAYDREAM’に収録されている。

01. My Name
‘My Name’はフューチャーベースジャンルのダンス曲で、愛する人が名前を呼んでくれるので完全な自分に生まれ変わるという運命的な内容を盛り込んでいる。 強いエネルギーで深い愛の感情を訴える8人のメンバーたちのそれぞれ違う表現と音色が印象的なトラックでD-CRUNCHの少し成熟した魅力をうかがわせる曲だ。

02. 君に行く時間
‘君に行く時間’はD-CRUNCHのメインボーカル、ヒョンウクとヒョンオの音色を生かして作ったバラードで、切ない愛の気持ちを表現した曲だ。D-CRUNCH主演のウェブドラマ‘1時11分、君に行く時間’に挿入された‘君に行く時間’には、ドラマの随所の状況が歌詞に溶け込んでいて、ドラマの場面を思い浮かべる楽しみも感じられる。何よりパワフルで個性あふれる既存のD-CRUNCHとはまた違ったスウィートな魅力を感じることができてよりユニークなナンバーだ。

03. Childlike
Childlikeはアコースティックギターとエレクトリックギターのサウンドをベースにしたミディアムポップで、希望に満ちた夢で充満した幼い頃の‘自分’を回想し、子供のような純粋さを取り戻したい気持ちを歌う曲だ。

04. 砂の城
‘砂の城’は叙情的なアコースティックピアノ演奏を基盤に、押し寄せる波を連想させるリフレーンのフューチャーシンスサウンドが印象的なミディアムバラード曲だ。 波にのまれて崩れてしまう砂の城を別れにたとえて、ときめく心で築いていった思い出もまたいつかは散らばっていくことを表現した。

[CREDITS]

01. My Name
Lyrics by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko, O.V
Composed by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko
Arranged by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko
Chorus by ユン・ヨンボク
Keyboard by BOYTOY
Synth by Disko
Drum & Programming by Disko
Recorded by キム・ミンヒ @821 Studio
Vocal Edited by キム・スビン
Mixed by Team AMG @Dart Studio
Mastered by グォン・ナムウ @821 Sound Mastering

02. 君に行く時間
Lyrics by Bull$EyE
Composed by Bull$EyE, Mind182
Arranged by Mind182
Chorus by ユン・ヨンボク
Guitar by リ・テウク
Bass by ソ・ウゼ
Keyboard by Mind182
Drum & Programming by Mind182
Recorded by キム・ミンヒ @821 Studio
Vocal Edited by キム・スビン
Mixed by Team AMG @Dart Studio
Mastered by グォン・ナムウ @821 Sound Mastering

03. Childlike
Lyrics by Inner Child(MonoTree)
Composed by Inner Child(MonoTree), リ・テフン
Arranged by リ・テフン
Guitar by リ・テフン
Chorus by Inner Child
Vocal Directed by Inner Child
Recorded by カン・ソンヨン @MonoTree Studio
Vocal Edited by カン・ソンヨン
Mixed by Master Key @821 Sound
Mastered by グォン・ナムウ @821 Sound Mastering

04. 砂の城
Lyrics by Inner Child(MonoTree)
Composed by Inner Child(MonoTree), Mystery
Arranged by Mystery
Piano by Mystery
Chorus by Inner Child
Vocal Directed by Inner Child
Recorded by カン・ソンヨン @MonoTree Studio
Vocal Edited by カン・ソンヨン
Mixed by anchor @PRISM FILTER
Mastered by グォン・ナムウ @821 Sound Mastering

05. My Name (Inst.)
Lyrics by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko, O.V
Composed by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko
Arranged by Bull$EyE, BOYTOY, Ondine, Disko
Chorus by ユン・ヨンボク
Keyboard by BOYTOY
Synth by Disko
Drum & Programming by Disko
Recorded by キム・ミンヒ @821 Studio
Vocal Edited by キム・スビン
Mixed by Team AMG @Dart Studio
Mastered by グォン・ナムウ @821 Sound Mastering

飛上 – “Across The Universe”

2020年10月20日発表
宇宙の広大さを詰め込んだD-CRUNCHの新ミニ·アルバム [ 飛上 – “Across The Universe” ]。
D-CRUNCHは自分たちだけのエネルギーを盛り込んだパワフルなパフォーマンスと拡張された音楽的スペクトルが目立つ今回のアルバムを通じて飛翔(飛上)し、新しい敍事の始まりを知らせる。
[ 飛上 – “Across The Universe” ] は‘私を導いてくれる力は忍苦の過程を経て自らの内面から出てこそ真の自我に出会う’という価値を含んでいる。 これに自ら向き合った自我の強さを強烈なビートと歌詞に代わってメッセージを伝えようとする。
今回のアルバムにはアルバムと同名のタイトル曲である ‘飛上 – “Across The Universe”’ をはじめ、‘一言’、 ‘H.A.G.Y (Have A Good Young)’、 ‘花支え’、タイトル曲instrumentalのトラックまで、5曲が収録された。荒っぽいが繊細で、不器用だが率直に各トラックにはっきりした個性を吹き込んだ。
また、華麗なプロデューサー陣が集結して、高い完成度を誇る今回のアルバムには、D-CRUNCHメンバーのO.V、ヒョンオ、ヒョンウクで構成したプロデュースチームG.I.Gが作詞に参加し、音楽的なセンスを発揮した。
デビューから現在まで堅実に成長を描いてきたD-CRUNCHのもう一つの姿を見つけることができる [飛上 – “Across The Universe” ]。 D-CRUNCHは歴代級のパフォーマンスと共に、一層強烈で成熟した姿を見せ、自らの存在感を印象付けるものと見られる。
これからは全世界がD-CRUNCHの強烈な飛翔(飛上)に注目する時間となる。

[ CREDITS ]

01. 비상(飛上) – “Across The Universe” *Title
Composed by キム・ドヒョン(@DVRKO)、 Jared Lee Gosselin(@DVRKO)、 Bad Luck
Lyrics by リ・シンソン、 G.I.G
Arranged by キム・ドヒョン(@DVRKO)、 Jared Lee Gosselin(@DVRKO)

Grammy Award Winnerであり、 Corinne Bailey Rae、 Eminem、 Nicole Scherzinger、 MusiqなどアメリカのヒップホップR&Bで有名なプロデューサーのJared Lee Gosselinと、時代をリードする大韓民国のプロデューサーでありイ·ヒョリ、SHINHWAなどのK-POPプロデューサーとして名を馳せているキム・ドヒョン、そしてLauv、Illenium、kygoなど有名EDMアーティストたちの作業を担当したBad Luckが結合してD-CRUNCHのタイトル曲をプロデュースした。
この曲はパワフルなサウンドが濃いHybrid Trapジャンルの曲で、今回のアルバムを代表する色が最も克明に表われている。
また、G.I.G(O.V、ヒョンオ、ヒョンウク)が直接作詞に参加し、アーティストとしての成長を改めて証明した。特にBTS、Twice、Michael Jacksonなどのミキシングを担当したGrammy Award Winning mix engineer – Bob Hornが作業に力を添え、さらにアップグレードしたサウンドを完成させた。
マスタリングには歌手PSY(サイ)の‘江南スタイル’を作業したソン・ジフンエンジニアが担当、全曲をマスタリングし、韓国と米国のドリームチームが集結し、渾身のある作品を誕生させた。

02. 한마디(一言)
Composed by ZigZagNote、 ムン・サンソン、 moonc
Lyrics by ZigZagNote、 ムン・サンソン、 moonc
Arranged by ZigZagNote、 ムン・サンソン

ポップなギターサウンドと美しいピアノメロディーが印象的な曲だ。 大切な人に与えられる最高の言葉は、ありふれているかもしれないが、決してありふれていない、その尊い一言、’「愛してる」’である。
大切な記憶を盛り込んだ一言が持つ純粋な意味を表現した曲で、慎重に吐き出す一言の価値は決して軽くない唯一だというメッセージを投げかけている。

03. H.A.G.Y (Have A Good Young)
Composed by ZigZagNote、 moonc
Lyrics by ZigZagNote、 moonc
Arranged by ZigZagNote

‘君が後悔しない楽しい人生を送るために、応援が必要だ!’
軽快なリズムに応援のメッセージを込めた曲で、若さは今だけ持つことができる大切な宝物で、その若さを無駄にせず、素敵に生きようという意味が込められている。
‘Play hard and work hard!’
ギターとベース、ピアノのグルービーな調和が自然に踊りだすウェルメイドトラックで、メンバーたちが交わすボイストーンのダイナミックな雰囲気のように若さを満喫できることを願って “Have a good young!”

04. 꽃받침(花支え)
Composed by : moonc、 blacksheep
Lyrics by : moonc、 G.I.G
Arranged by : moonc、 blacksheep

‘花が咲いて満開になるまで、 花びらを守って支えてくれる存在’
私を愛して、いつもその場に居てくれるファンに捧げる曲で、O.V、ヒョンオ、ヒョンウクの3人のメンバーが作詞に参加した。甘美なボイスとソフトロックサウンド、3人の感性溢れるボーカルが調和し、より深い感動を与える。

終わりのない君と私、そして私たちが一緒に咲き続ける花を準備する場。 僕の席は君、君の席は僕。 燦爛と咲き誇る僕たちのその瞬間のために “Thanks to Diana”

「PIERROT」

2020年5月22日発表
新しいシングル「Pierrot」は、人と社会の偽り、抑圧、偏見の中でピエロとして生きる現代人に「ペルソナから脱皮し、真の自分を探しに行こう」というメッセージを盛り込んだ曲で、EDMトラップジャンルをベースにどっしりとした808ベースサウンドと、ドロップパーツにリードシンセを加えて中毒性を高めた。続いて曲後半部のユニークなパーカッションのリズムと、繰り広げられるダンスブレイク区間では、独歩的なD-CRUNCHのダンスパフォーマンスと交わり、キャッチーな魅力と新鮮さを同時に感じることができる。

Are you Ready?(Japanese Version)

M0527

2019 年 5 月 27 日 2nd MINI 発表!

작당모의 (Are you ready?)
D-CRUNCHの愉快でコメディー的な魅力が引き立って見えるメロディと躍動的なパフォーマンスは聞く人と見る人々が、簡単にリズムに乗って楽しめるようになっている。
D-CRUNCHは多くの人々が楽しく楽しむことができる曲を作るために歌詞に「皆みな集合して!」
Vamos Loco(じゃ、みんな一緒に合わせてみよう!)‘という中毒性あるフレーズを使っていて、この曲を聞く人は全部楽しんで熱狂できればという希望を入れたという。
今回の「秘密会議(Are You Ready?)」という新人ヒップホップ アイドルのあふれるエネルギーと強烈なヒップホップ サウンド、独特で個性あふれるラッピングでD-CRUNCHの色を確実に表現した。
M/V: https://youtu.be/Y5qO3mhHZa4

Panorama
強烈なリズムと爆発的なシンスが引き立って見えるElectro Popジャンルの曲だ。運命のように愛に溺れて、どこへ行っても目の前に「パノラマ」のように君が広げられるというメッセージを直接的に伝えて D-CRUNCHのDOPEある雰囲気をよく生かした曲だ。

LOVE RACE
近づこうとすれば逃げてしまう際どい駆け引きを繰りなす男女の間を車のレースを例えて表現した曲だ。雄壮な感じのストリング サウンドと少しは経た声のシンスがより増して男性的ながらも甘美に表現された曲で新しい D-CRUNCHの音楽スタイルをのぞくことができる。

행복한데 (LOVE LATTER/幸せだけど)
叙情的なピアノ ラインをベースで暖かく抱え込むようなギターストリング演奏を感じることができるスローテンポの曲だ。 常に変わらずにいてくれる有難い人々のために心より気持ちを込めて手紙を書くように使った曲だ。 Thanks to them. この幸せが共に永遠になるのを…

M1112 (4colors)

2018 年 11 月12 日 1 st . MINI 発表!
STEALER
夢を追う九人の「STEALER」タイトル曲「STEALER」は、bpm 110にEDMを基盤とした壮大なオーケストラ セッションが融合されたヒップホップ曲で、強くて爆発的なサウンドが印象的、夢に向かって一足を踏み出した九人のルーキー「D-CRUNCH」が頂へ向う夢を、曲「STEALER」を通じて描き出した。そして、まださらに高いところにwe are young king boss どこを見てもお前らは絶対にことは出来ないという中毒性強いフレーズが、世界の全てを握ろうと「D-CRUNCH」の強い覚悟と希望が込められている。
さらに高いところを目指して私たちがさらなる上にと願う心が音楽に対する情熱を生みだし、自信とエネルギーを感じる楽曲
M/V: https://youtu.be/It8JCNyFW38

보고싶게(I miss you / 逢いたく)
デビューして最初に出会ったファンを考えて作ったファンの為の曲。ファンが常に「会いたい」という言葉に
一緒に共感していて、ファンが会いたいと思う心と「D-CRUNCH」も同じ心だという表現を贈りたくて制作した。
曲中において繰り出されるハートの振付はファンに向けた愛情表現をパフォーマンスで表現した。

I’m OK
全ての人々に慰労を唱えるための叙情的なピアノとエレキが交わった暖かい感じのヒーリング曲で、鏡の中に私を見て自らを労いながら、同時に苦しがる人々皆に「大丈夫、あきらめるな!」という激励のメッセージを入れた。実際、D-CRUNCHメンバーが練習生時代を考えて使った曲で夢に挑戦して葛藤する人々に慰労を唱える歌詞とメロディがより一層真正性を感じられる。リフレーンの部分の運命形に手を描く振りつけはポイントで夜空の星を一つ一つ手で積んで痛みを忘れるという意を含んでいる.

今(NOW:지금)
人々はどんな歌を作れば好きになるのか?
どんな歌を歌れば好きになってくれるのか? という悩みの中から作られた曲で創作をする人ならば誰でも一度は必ず体験する悩みに対して素直に表現した楽曲。
groovy(グルービー)的な ネオ ソウル ジャンルの曲でトレンディーな編曲とD-CRUNCHの新しいユニット‘H4’ボーカルライン(ヒョンオク、ヒョンオ、ヒョンウ) 3人とラッパーラインヒョンホが見せる綺麗な雰囲気がポイント。3種類のボーカル スタイルとラッパーヒョンホが解きほぐすgroovy(グルービー)的なラップは一味違うD-CRUNCHの姿を見せている

0806

2018.08.06 1 st . Single Debut
Palace
世の中に第一歩を踏み出す恐れ、震えの中で仲間と共に作った巨大なPalace(宮殿)パレスはD-CRUNCHの目標、忍耐そして希望を込めた曲だ。私たちは強くてそして恐ろしいことはないという叫びにはお互いを信じ合う彼らだけのPalaceが存在し、「Palace」は重たいSUB Bassとタラップビットの上にオーケストラセクションを使った楽曲である。
超ヒップホップグループのD-CRUNCHはメンバーで構成された作曲チームG.I.G (O.V、ヒョンウク、ヒョンホ)はPalace に トレンディーなTrapビットとオーケストラを融合させ勇壮で洗練されたサウンドを作り出した.「Palace」はD-CRUNCHだけのメッセージを含んでおり彼らが夢見る理想に挑戦しD-CRUNCHの未来を表現した曲だ.
M/V: https://youtu.be/u5UtcO5L1N8

I WANT
世の中を生きていく人々は人生を豊かにするために働き、知識のために勉強し日々葛藤しながら生きていく中で少しの休息時間で新しいエネルギーの源を補給するためにゲームして笑顔で友人と過ごしたり、おいしい物を食べたり、そんな個々の感情をおもしろくおかしく表現して、 人それぞれの生きざまを描き出し全ての人々の未来と幸せな時間を願い、ひと時の休憩空間を創造させる。I wantとともにしばらく休んでいくのも良いのでは!.
M/V: https://youtu.be/uCU52vqK8Sw